申請書][入会案内][文化七尾][リンク集][所在地][お問い合わせ]

ねごろあしつきたらい
根来足付盥

●鎌倉時代(13~14世紀)制作

●径37.5 高さ14.5(cm)

 紀伊国(和歌山県)の根来寺ゆかりの漆器という根来。本品は馬盥形の根来盥で、仏事の手洗い用具として使用されたのでしょうか。素朴な造りですが、透漆を用いて木目の美しさを引き立たせるなどの工夫もみられます。底部に「鹿」の文字が刻まれ、京都・鹿苑寺の伝来とも。

 

◆本作品は11月2日(金)より12月9日(日)まで七尾美術館にて展示中。

※会期中無休

七尾市文化協会からのお知らせ

 

 ◆ 機関誌「文化七尾」第53号 平成30年10月5日(金)発行